法 人 概 要

 

H13.1.31.府国生第35号

特定非営利活動法人 
       全日本書写書道教育連盟として認証されました。

任意団体全日本書写書道教授連盟は、昭和63年8月の設立以来、12年にわたり書写書道の普及発展に努
めてきました。しかし、法人格を持たない任意団体である為、さまざまな法律行為を行うにあたり団体名の
使用が制限される、社会的な信用を得ることが難しい等の不都合が、これまで多く生じてきました。
新しい学習指導要領では「生きる力」の育成を主眼としており、書写書道教育の分野においては基礎・基本の
定着、即ち「文字を正しく整えて生活に役立つ書写の力を育成する」という方針を示しています。この方針に基
づき幼児から成人に至るまで、書写書道を通じて青少年の健全な心を育成し、豊かな情操を養うこと、また国
民の文化の高揚を図り、併せて伝統文化の普及振興を図ることを趣旨とし、任意団体全日本書写書道教授
連盟の業務の一部を引き継ぎ、新たに 特定非営利活動法人 全日本書写書道教育連盟を設立し、平成10
年12月1日に特定非営利活動促進法が施行されたことにより、当連盟にも法人格取得の道が選択可能とな
り、これまで以上に書写書道を普及進展させ、社会に大きく貢献する為に、特定非営利活動法人を新たに設
立し 申請するに至りました。

法 人 概 要

 (特定非営利活動の種類)

     当法人は上記の目的を達成する為に、次に挙げる種類の特定非営利活動を行います。

       (1) 文化、芸術またはスポーツの振興を図る活動
       (2) 社会教育の振興を図る活動
       (3) 子供たちの健全育成を図る活動

 (事    業)

    当法人は次の事業活動を行います。

       (1) 特定非営利活動にかかわる事業
       (2) 書写書道教育に関する調査および研究
       (3) 書写書道教育に従事する者および研究者の育成
       (4) 書写書道検定および書写書道コンクールの実施ならびに講習会等の開催 
       (5) 書写書道教育に関する資料の収集および研究会等の開催
       (6) 書写書道研究に関する海外との学術交流
       (7) その他、この法人の目的を達成する為に必要な事業

収 益 事 業

      幼稚園、保育園、学童保育等の課外事業に関する事業